森盛りダイアリー 2020年8月24日 月曜日



 with Silvaスタッフ+葉山ボランティア(チームみつばちアーヤ♪)

 

本日も湘南国際村めぐりの森での活動です。

 

スタッフ2名に、ボランティアの方が3名参加してくださいました。

(ボランティアでの参加は、こちらより通年募集中です!☆)

暑い中休みながらも、みんなで「風の草刈り」作業に取り組みました。

 

2018年に植樹した3年目の植樹地での育樹ですが、

このように育樹作業をご支援してくれる方々のおかげさまで、

木々はすくすくと育っております。

 

以前は虫や鳥の気配も無い、不毛な場所でした。

そこに土壌の微生物も雑草もすべてを生かしながら、

水と風の通り道を整えて木を植えたことで、

今では生態系が生き生きとしているのがわかります。

 

この日もキジの夫婦が、何度か姿を見せてくれました!

また、アオスジアゲハなど、きれいな蝶もよく目にします🙂♪

 

シルワでは、無駄な命はなく、そこにある草も虫もすべては

その土地を豊かにするための大切な命で、

また貴重な資源だと考えています。

これらすべての命を護る森づくりへのこだわりについては、こちらから詳しくご覧ください。

 

刈った草は苗木の足元に置いて、そのまま肥やしになってもらいます。

作業後はツル類が絡まっていた苗木たちが自由になり、

すっかり覆われていたものたちも顔を出しました。

 

更なる成長が楽しみです。

引き続き応援よろしくお願いいたします!☆