第3回環境カウンセラー環境保全活動表彰 受賞!


第3回環境カウンセラー環境保全活動表彰

この度、3月19日(金)に当法人の代表理事である川下都志子

光栄にも第3回環境カウンセラー環境保全活動表彰の【低炭素社会貢献賞】を受賞致しました。

 

神奈川県有地である湘南国際村めぐりの森於いて、

混植・密植方式植樹推進グループのグループ長、そしてSilva連名主催の立場より、

現場から植樹事業まで全体のコンサルティングをトータルコーディネートしてきた実績と共に

 

小学校から大学までの教育機関への次世代育成事業、

民間企業や一般の方への環境教育活動や

従前の混植・密植方式を見直し発展させてきたSilva生態系機能回復式

資源の再利用化による低炭素運動が環境省に評価されたものとなります。

 

こうした草の根活動を長年支えて下さいました、

行政の皆さま、スポンサー企業様、ボランティアの皆さま、協力団体の皆さまに

改めまして、御礼申し上げます。

 

此れを機に私たちは益々、地球が育んできた土地本来の森の復元に注力すると共に

植物の真の力を多くの方々へ認知いただけるように努めて参ります。

 

此れからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

※説明の記述に誤りがある為、修正を依頼しております。

誤:県の主催→正:県のコア事業、誤:19ヘクタール緑化→正:1.9ヘクタール緑化



  タブノキ   

湘南国際村めぐりの森の主木となる高木

成木になると20~30m級の高さとなり、森の主役となる