活動報告

詳細はFacebookページをご覧ください

新年のご挨拶・環境省推進「つなげよう、支えよう森里川海」プロジェクト連携について

続きを読む

宮脇 昭先生の追悼植樹式を開催しました。

 

 

2009年より2015年まで

 湘南国際村めぐりの森を監修下さった、

横浜国立大学名誉教授 宮脇 昭先生の追悼植樹式を

11月7日(日)第21回湘南国際村めぐりの森植樹祭

午後にSilva主催で開催致しました。

 

世界中に4,000万本の木を植えられ、数々の賞を受賞され、

『植樹の神様』と呼ばれた、

宮脇昭先生は、Silva設立時からの名誉顧問であり、

代表理事である川下の恩師です。

 

宮脇昭先生との出逢いがなければ、

Silvaも誕生していなかったことでしょう。

 

 

 

 


続きを読む

森盛りダイアリー 11月5日 金曜日


続きを読む

ポッドキャスト出演 〜人間にしかできない森の再生についてお話しました!〜

 

 

 

先日、当法人の代表理事である川下が、

環境活動家 小野りりあん様が主催されるポッドキャスト

「Emerald Practices–エメラルド プラクティシズ」

に出演しました。

 

環境活動家であり、SIlvaの森林再生指導員研修も

受講中の小野りりあん様との対話形式で

46分間お話しております。

 

 

 

ポッドキャストはこちらからお聞きいただけます。

 

 二部構成となっており、

第一部は、森の機能と役割。第32回に放送いただきました。こちらからお聞きいただけます。

 

◯●◯◯●◯◯●◯◯●◯◯●◯◯●◯◯●◯◯●◯◯

第34回『私たち人間だからできる、森林再生』川下都志子

数百年先のことまで考えて設計される、極相林とは?

小野さんも受講中!森林再生指導員の資格

森づくりを通じて感じる、全ての命の存在意識

 

森の再生は人の手で行った方がいいのでしょうか?

実は数十年前に行われた調査の時点で、

土地本来の森はもうほとんど残っていないとわかっています。

 

日本の気候を生かし、先人の知恵から学べば、

小さな土地にも土地本来の森を

素早く再生することができるのです。

 

*どうして森林再生に人の手が必要なんだろう?

*明治神宮の森から学べること

*土地本来の森はどうやって植樹するの?

*人の手によって、自然な回復を待つより10倍早く森林再生できる?!

*自然負荷を減らして、コスト削減した緑化方法とは?

*林業従事者との関わり方は?

*日本中に広げたい森づくりと人材育成プログラムについて

*変化する気候に土地本来の植物は対応できるの?

*地球の一部として、人にできること

*虫も草も、必要でない命はない

◯●◯◯●◯◯●◯◯●◯◯●◯◯●◯◯●◯◯●◯◯

続きを読む