人工林とは

日本の人工林


人工林概観
神奈川県足柄上郡の人工林

人工林とは、「森林の更生を人の手で行っている森林」のことで、人が管理をしなければ維持出来ない森林の事です。

今現在日本の森林面積の4割ほどを占めています。

 

人工林は林業などの商業目的で利用されることが殆んどの為、その95%以上がスギやヒノキなどの針葉樹で形成されています。

人工林は管理を人の手で行いますので効率性が求められるので一度に同じ種類の樹木を大量に植えるということがよくあります。

したがって人工林は同じ樹齢の木で構成されていることが多く、これを単層林と云います。

単層針葉樹林の特徴


人工林内部
神奈川県足柄上郡の人工林内部

 針葉樹は繁殖力は強いのですが根が深くまで届きません。

その為寒冷地や山などの土の少ない高地が生息に適しており、日本の様な土の多い場所にはあまり適しません。

また、管理の簡易化の為に単層林として形成されることも多い為、それが原因で花粉を通常より多くまき散らしてしまったり土砂災害を誘発してしまうという弊害もあります。

 

また、単層林の特徴として他の動植物が定着し辛く、環境にあまり良くないという点があります。

 

つまり人工林とは人の経済的な利益にはなっても生態系や安全性に関してはあまり良くない森林ということが出来ます。

森林面積の事実へ< ・ >天然林とはへ