組織概要

組織名 イッパンシャダンホウジン シルワ
一般社団法人Silva(非営利型法人)
会社法人等番号 0200-05-012991
郵便番号 220-0004
 所在地 神奈川県横浜市西区北幸1丁目11-1水信ビル7階 
設立日 2015年3月21日
法人格取得 2017年3月03日
電話番号 045-877-0878
FAX 045-351-1310
E-mail info@silva.or.jp
Facebook https://www.facebook.com/非営利型 一般社団法人 Silvaシルウァ-810038782410881/
代表理事

川下都志子

→代表からのメッセージ

理事数

理事3名(内1名代表理事)

監事1名

主たる事業 植生景観の復元
その他事業

(1) 植生景観の復元、及び自然環境の保全を図る活動

(2) 子供の健全育成を図る活動

(3) 前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動

(4) 森林の再生を含む植生景観の復元、保全、整備、活用協力事業

(5) 植生景観の復元に伴う、里山、森林、植樹や育樹体験の開催事業

(6) 学校などの環境学習、及び森林教育支援事業

(7) 各地の植生景観の復元と保全活動への参加と調査、研究事業

(8) 里山、森林、自然環境保護の普及、啓発事業

(9) その他この法人の目的達成のために必要な事業

役員

名誉顧問

 

宮脇 昭

横浜国立大学名誉教授 博士(理学)
   

特別顧問

 

青木 淳一

横浜国立大学名誉教授 博士(農学)
奥田 重俊 横浜国立大学名誉教授 博士(理学)
   
顧問  
  今井 伸夫 東京農業大学 准教授 博士(林学)
   
相談役  
  青木 正篤

元(公社)国土緑化推進機構 常務理事

   
研究連携  
  中森 泰三 横浜国立大学 土壌生物研究室 博士(学術)
   

代表理事

 
川下 都志子   植生管理士 日環創管 第16004号
   
理事  
 中村 幸人 東京農業大学名誉教授 博士(理学)
 村上 雄秀 博士(学術)
   
監事  
梶原 緑  株式会社大川印刷 営業部サブリーダー
   
事務局長  
川下 治城

横浜国立大学 経営学部

   
事務局  
   中島 菜々恵 森林再生指導員
   
広報・デザイン  
松原 輝衣 Infinity合同会社
   
マネージャー  
篁 直樹  NPO法人グリーンパワーファクトリー 代表理事
   

森林再生指導員

 

  黒川 祥穂 横浜国立大学 理工学部
  関戸 一樹 横浜国立大学 都市科学部
  小山 雅弘            横浜国立大学 都市科学部                   
  松本 紗季 早稲田大学 創造理工学部
  覚張 日梨  
  平野 侑 東京農業大学大学院 農学研究科 林学専攻
  長谷川 綾香 東京農業大学大学院 農学研究科 林学専攻

沿革

 2015年3月 任意団体「みんなの森づくり総研」を設立
 2015年4月

湘南国際村めぐりの森  混植・密植方式植樹推進グループ実行委員長に就任

 

「オーガニックマーケットAOZORA」へ出店

2015年5月

自然地理学の視点より、自然再生士にめぐりの森の土壌調査を依頼

 

「第10回 湘南国際村めぐりの森植樹・育樹祭」を開催 2000本植樹 約450名が来場

2015年6月 めぐりの森にて「毎木調査」(苗木追跡調査)を開始
2015年9月 大楠山~めぐりの森にて「植生調査」を開始
2015年10月 めぐりの森にて「森を育む育樹祭と水脈づくり」を開催 約140名が来場
2015年11月 横浜国立大学にて環境保全林再生活動について講義 学生66名が参加
2016年1月 (株)家具の大正堂「るーたん♪の森」づくり 大地の再生講座を開催
2016年3月 めぐりの森における「毎木調査」がグループ公認事業となる
2016年5月 「第11回 湘南国際村めぐりの森植樹祭」を開催 2000本植樹 約600名が来場
2016年6月 早稲田・目白学生ボランティア団体「三陸つばき」へ育苗講習会を開催
2016年7月 湘南国際村めぐりの森 出現植物種調査
2016年9月 毎木調査」の植物配置と葉張のデータから空撮投影図を作成するソフトを自主開発
  めぐりの森における大地再生施工がグループ公認事業となる
2016年11月 「大地の再生講座in湘南国際村めぐりの森」を開催 約90名が来場
  「2016秋 湘南国際村めぐりの森育樹イベント」を開催 約120名が来場
  クライアントである(株)家具の大正堂の森林再生事業が環境大臣賞を受賞

2016年12月

福祉施設にて育苗された苗木の仲介・斡旋(あっせん)業務を開始

 

めぐりの森にて「毎木調査」2年目を開始

2017年1月 知的障害者支援施設「横須賀ヘーメット」と連携した森のメンテナンス作業を開始
2017年3月 非営利型一般社団法人Silvaを設立・「みんなの森づくり総研」より移行
2017年5月 「第12回 湘南国際村めぐりの森植樹祭」を開催 3850本植樹 約370名が来場
2017年6月 (株)栗山米菓新潟工場ばかうけファクトリー緑地帯における森林再生事業を受託
2017年7月 めぐりの森 大地再生箇所にて「土壌生物調査」を開始
  Silva設立記念シンポジウム「森と豊かな生物相」を開催
  『月刊致知』に、代表理事川下のインタビュー記事が掲載される
2017年10月 湘南国際村めぐりの森 混植・密植方式植樹推進グループ グループ長に就任
  湘南国際村めぐりの森ホームページ「めぐりの森」の管理業務を受託
2017年11月 めぐりの森にて「毎木調査」3年目を開始
  「第13回 湘南国際村めぐりの森植樹・育樹祭」を開催 620本植樹 約130名が来場
  めぐりの森にて 「土壌動物調査」を実施
2018年3月 品川区立京陽小学校森づくりプロジェクトを受託
2018年4月 人材育成事業「森林再生指導員認定制度」を開始
2018年5月 ドローンによる植栽地の空撮撮影を開始
  「第14回 湘南国際村めぐりの森植樹祭」を開催 2000本植樹 310名が来場
2018年7月 めぐりの森にて「土壌生物調査」を実施
 

「森の豊かさ通信簿」*を活用した土壌動物調査に基づく森林評価を開始

*発案者:Silva特別顧問 青木淳一博士(横浜国立大学名誉教授・農学博士)

2018年10月 めぐりの森にて「土壌生物調査」を実施
2018年11月 「第15回 湘南国際村めぐりの森植樹・育樹祭」を開催 500本植樹 約178名が来場
  品川区立京陽小学校にて「まんぷくの森」づくりとして御父兄の方々と植樹祭を開催

2018年12月

めぐりの森にて「毎木調査」4年目を開始
2019年4月 町田市倫理法人会「経営者モーニングセミナー」にて森講座の講師を務める
  国連が掲げるSDGs世界目標の実践に伴い「かながわSDGsパートナー」へ登録認定
2019年5月 「第16回 湘南国際村めぐりの森植樹祭」を開催 4460本植樹 505名が来場
2019年6月 日本環境学会「若手セッション」にてスタッフ(現役横浜国立大学生)が「持続可能な生活システムの提案」を発表
  めぐりの森にて「土壌生物調査」を実施

2019年9月

パタゴニア横浜・関内ストアにて森講座を開催
  国際ソロプチミスト横須賀主催「環境委員会」にて森講座の講師を務める
 

めぐりの森にて港北区青少年指導員協議会が「港北区自然体験教室」を主催/森講座と250本の植樹体験を提供し、同区小学生・青少年指導員など113名が参加

2019年10月

めぐりの森にて「土壌生物調査」を実施

2019年11月 第17回 湘南国際村めぐりの森植樹祭」を開催 1140本植樹 264名が来場
  (株)パークコーポレーションへ森講座を開催
2019年12月 めぐりの森にて「毎木調査」5年目を開始
2020年2月 Silvaチャリティカンバセーション「気候変動について考える~地球と未来を救う太古の森の復元~」を開催
2020年3月 横浜国立大学土壌生物研究室と土壌回復研究連携を開始 4月、6月、9月に調査を実施

2020年4〜7月

「第18回 湘南国際村めぐりの森植樹事業」を実施 2815本植樹
 2020年10月 内閣府「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」へ参画
  Silvaオンラインセミナー「なぜ森林を再生する必要があるのか?~森の役割とその再生方法~」を開催
2020年11〜12月 「第19回 湘南国際村めぐりの森植樹事業」を実施 1000本植樹
グリーンウェイブ2017に参加しましょう

参加プロジェクト



私たち、シルワは植生復元を通じて、11の目標と個々のターゲットを掲げ、国連が定めたSDGs(Sustainable Development Goals,持続可能な開発目標)へ内閣府が掲げる「地方創生プラットフォーム」と神奈川県が掲げる「かながわSDGsパートナー」へ連動し目標達成に貢献して参ります。

エノキ

アサ科エノキ属

成木は、18~25mとなる落葉高木