第26回 湘南国際村めぐりの森植樹祭のご報告!!

 

 

 当法人は、環境省が推進する海と陸の保護エリアを30%ずつに拡大する

 「30by30」プロジェクトのアライアンスメンバーに登録されています。


 

【主 催】

 

協働参加型めぐりの森づくり推進会議 混植・密植 方式植樹推進グループ

非営利型一般社団法人 Silva(シルワ)

 

 

  

 いつも森づくりを応援いただき、誠にありがとうございます。5月12日(日)に第26回湘南国際村めぐりの森植樹祭を開催させていただきました。

 

 当日は、程よい曇り加減と強風予報を裏切る穏やかな心地よい風で、作業のし易い最高のベストコンディションとなりました。

 

 予定の3,000本の内、2,340をご来場の400名の方に植樹いただき、お一人5~6本の植樹を体験いただきました。

 

 開会式では、昨年よりも一歩進んだアプローチとして、今年度4月に神奈川県より環境省へ湘南国際村めぐりの森を環境省が推進する『30by30』、国の保護地域以外で生物多様性保全に資する地域『OECM』自然共生サイトの対象地として、申請。無事に環境省へ受理された旨をアナウンスいただきました。

 

 早ければ、今年の10月には、湘南国際村めぐりの森自然共生サイトへ登録される流れとなり、2022年12月にカナダ・モントリオールで開かれた生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)にて、採択されました2030年までの新たな世界目標「昆明・モントリオール生物多様性枠組」及び、SDGs目標貢献としても国際的な環境保護エリアとして、世界へ認識されることになります。

 

 また、今年10月には、G20 Global Land Initiative(G20の中の地球環境に関するセクション)ご依頼の植樹祭を当法人が湘南国際村めぐりの森で主催させていただく予定でおり、正に飛躍の年の予感がしております。

 

 私たちが目的とする土地本来の森は、山にある筈の『森』を蘇らせ山に山らしさを取り戻し、森林の防災・防風・防塵・防水・減温の機能を復活させ、人間を含む沢山の生物の遺伝子を護り、植生復元が成功すれば半永久的に持続する究極の生物多様性フィールドとなります。そのノウハウを大人のみならず、次世代を担う子供たちへ継承し、日本らしさを取り戻すことができれば、フードロス世界一の汚名返上と共に国土の地力をも高めることになるでしょう。

 

 植樹祭は、その『はじめの一歩』となります。壮大なプロジェクトに老若男女・健常者・障がい者も関係なく、混ざり合い森づくり作業に勤しむ現場は、生きる希望を私たちにもたらすでしょう。小さな森の誕生日にお力添えくださった皆さま、スタッフ一同、心より御礼申し上げます。

 

 最後に、お力添えくださいました多くのスポンサー企業様、協力団体~関係者の皆さま、植樹ボランティアの皆さまにも感謝申し上げます。植樹祭の様子は、以下にてご報告とさせていただきます。これからもどうぞ森づくりを応援ください。宜しくお願い申し上げます。

 

※運営グループに所属する(株)サンケイアイによる植樹祭のYouTube動画公開日は、判明次第、お知らせさせていただきます。

 

混植・密植方式植樹推進グループ

グループ長 川下 都志子

 

※30by30・・・2030年までに陸と海の30%以上を「保護地域」と「OECM」により保全する新たな世界目標

※OECM(Other Effective area-based Conservation Measures)・・・保護地域以外で生物多様性保全に資する地域

※自然共生サイト・・・民間の取組等によって生物多様性の保全が図られている区域

※国内の原生林現存率は、環境省の最新の調査結果『現存植生図』により0%判定

※G20・・・※"Group of Twenty"の略で、G7に参加する7か国、EUおよび新興国12か国の計20の国々と地域から成る国際会議

 

本植樹祭は、当法人を通じて、環境省が推進する「つなげよう、支えよう森里川海」プロジェクトへ賛同し、推進しております。

 

 

本植樹祭は、当法人を通じて、(公社)国土緑化推進機構様より、

『災害に強いめぐりの森づくり』緑の募金助成事業へ認定いただいており、

第25回湘南国際村めぐりの森植樹祭より、同法人とパートナーシップで対峙する植樹プロジェクトとして、公募事業より直接事業へ格上げされました。

 

 

植樹祭当日は、株式会社サンケイアイの撮影が入ります。

撮影されました動画は、YouTubeにて公開予定のため、ご期待ください。


手入れ前  

 植樹前



 

午前8:15より、植樹リーダー28名が集合してくれました。

開会式前に1時間、実践で学んでいただき、一般の方の導き手として、

植樹作業の精度も管理・監督いただきます。

 

 

 

展示された美人苗。

誇らしげに来場者をお迎えします♪ 

 

9:30より受付を開始!

いよいよ植樹祭の幕開けです。

 

Silvaボランティア隊Silva森林再生指導員のメンバーが今季から受け付けを担います。

正に植樹祭の顔役ですから責任重大です!

 

【ご来賓の皆さま】 

神奈川県 政策局 地域政策課長 横川 裕様

横須賀市 自然環境・河川課長 引本 敦史様

葉山町 政策財政部長 町田 伸様

 

~協賛企業~

東京海上ミレア少額短期保険 株式会社 取締役社長 明樂 裕様

三機工業株式会社 代表取締役社長    石田 博一様

 

 

~協力団体~

株式会社サン・ライフホールディング 代表取締役社長    比企 武様

東急建設株式会社 代表取締役 副社長執行役員    諏訪 嘉彦様

株式会社パーク・コーポレーション parkERs プランツコーディネート室 リーダー    森 大祐様

三井住友海上火災保険株式会社 企業営業第4部長    藤井 靖裕様

横浜ゴム株式会社 CSR本部 環境保護推進室 室長    後藤 陽介様

クラシカル・クロスオーバーソプラノ 雨谷 麻世様

 

 

 

予定通り、開会式が10:15にスタート!

年間100万円以上を協賛くださる

 東京海上ミレア少額短期保険株式会社の

明樂 裕取締役社長

三機工業株式会社

石田 博一代表取締役社長 

代表してお言葉を賜りました。  

 

 法人の事業目線から捉えた森林再生の意義や『あるものの命を生(活)かす』シルワの森づくりを応援するとのエールもいただきました!ありがとうございます!!

 

【協賛企業様】

東京海上ミレア少額短期保険株式会社

~以下4社 非営利型一般社団法人Si lva(シルワ)を通じて~

公益社団法人国土緑化推進機構(緑の募金を通じて)※直接事業へ格上げ

三機工業株式会社

パタゴニア環境助成プログラム 他1社

 


 開会式では、皆さまが疲れないように『30分で完了する』ことを目標設定しています。

植樹方法の説明も自然と早口に!!フォローは、各班のリーダーさんに宜しくお願いしま~す!

 

 

【ご来場の皆さま】

 株式会社大川印刷

神奈川県

特定非営利活動法人グリーンパワーファクトリー

(株)研進・進和学園

Gate Park Nagano 鎮守の森プロジェクト

㈱サンケイアイ

三機工業株式会社

The Montessori School of Tokyo

湘南1000年の森倶楽部

非営利型一般社団法人Silva

GAコーヒースタンド

NPO法人地球の緑を守る会

株式会社Tree to Green

DHLサプライチェーン株式会社

遠野未来建築事務所

横浜サンセット21ライオンズクラブ

東急建設株式会社

東京海上ミレア少額短期保険 株式会社

Nishimachi International School

葉山町

株式会社パーク・コーポレーション parkERs

三井住友海上火災保険株式会社

株式会社三ツ波

株式会社彩ユニオン

横浜ゴム株式会社 環境保護推進室

横須賀市

ライフゆう

株式会社ローソン

六三グループ

 

 

団体計 356名

個人計 44名

合計 400名

 

累計参加者数11,704名!

ご来場いただき、ありがとうございました!!

 

    【皆さまのご参加の動機を一部ご紹介】

  • CSR活動
  • 未来の子供たちのため、都市と森をつなぐために参加します。
  • SDGs活動から植樹に興味を持ち参加。今回で4回目になるが、以前植樹した苗木の生長も伺うことができるのでより植樹のやりがいと楽しみが増えた為。
  • 日本の森林課題の解決を目指す弊社として参加しなくてはならないと思ったため
  • To establish a long term connection with Uedasan, Kawashitasan from Silva to help advance their goals and understand the SDGs.
  • 以前ボランティアに参加した際に充実感があったから。
  • 一色小学校での授業で子どもがお話を聴いて興味を持った為。
  • 一度体験してみたいと感じたから。
  • 家族に誘われて
  • 過去に何回か当クラブで参加して植えたその後を確認できるのも楽しみにしてます
  • 会社の社会・環境貢献活動の一環として、毎年植樹祭に参加しているため。
  • 楽しく社会貢献をすることで充実した1日になりそうだと感じたため。
  • 環境教育の一環。今後さらに重要性を増す森の再生についての情報共有の為。
  • 企業の毎年の環境活動の一環
  • 宮脇昭先生の思想と実践に感銘したため。以前参加経験でよかったため。
  • 宮脇方式の森づくりにこれまでもかかわってきたので。Silva様の取り組みに共感しています。
  • 今年、弊社のCSR・ESGの取組みの一環で、弊社社員ボランティアを募り植樹活動実施を検討しております。
  • 最近、大地の再生や、自然農、パーマカルチャーなど、自然との調和について非常に興味が出てきた為
  • 子供達の自然環境への興味から
  • 自然がとても好きで、日本の豊かな森づくりに関われる機会を以前より持ちたいと思い、参加希望いたしました。よろしくお願いいたします。
  • 森林に限らず自然を破壊するのではなく、守る側になり森林や樹木を増やしたい。
  • 自分自身が建築家を目指しており、生態環境まで含めた建築のあり方を考えるために木について勉強したいと思ったため。
  • 植樹祭を盛り上げたいと思っております。
  • 植林等生態系保全の活動に興味があり、昨年も参加。
  • 森づくりのため継続的に参加させていただいております。
  • 森林再生指導員をさせていただいております。今回、ぜひ子供にも体験して欲しく、子供と一緒に参加したいため一般参加させていただきたくお願いします。
  • 森林再生指導員講座を受講するので実践の場として経験したいと思います
  • 生きていく上で大切な森を守るため。川下さんの活動に賛同しているため。
  • 生育状況も観察したいため
  • 長野市において計画中の鎮守の森プロジェクトの参考としたい。
  • 奉仕活動の一環として参加を希望いたします。

植樹風景 次世代を担う子供たち特集❣


 

レギュラー出演となられた 東急建設株式会社

 

今季は、事前準備3回と植樹祭当日に110名を動員くださり、総計166名の人働御支援をいただきました。

ありがとうございました!

 


植樹風景


みんなで一丸となって、競争しないワラのバケツリレー

<苗木の御支援について>

混植・密植方式植樹推進グループをご支援くださる(公財)鎮守の森のプロジェクト様から

363本分の苗木の購入のための資金援助いただきました。

 

 

三機工業 株式会社 1,000本

株式会社 サン・ライフ 400本

上記2団体、進和学園「いのちの森づくり友の会」基金へのご寄付を通じて。

 

三井住友海上火災保険株式会社 160本

株式会社建新 77本

上記2団体 苗木代を御支援。

合計 2,340本

 

また、苗木自体は、障がい者の方が育苗された苗木を全体の100%優先活用しました。どんぐりブラザーズの皆さん育苗をありがとうございました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第26回湘南国際村めぐりの森植樹祭の実績!

来場者数400名

植樹本数は、1333㎡へトータル3,000本

 

2009年からの累計

累計来場者数11,704名

累計植樹本数79,382本

植生の累計復元面積2.32ヘクタールとなりました!!

 

皆さん!ありがとうございました♪

 


 最後に、神奈川県藤野市の

経済林を支援するSDGs貢献グッズである、

メッセージ記載用『木札』を沢山お買い上げいただき、

ありがとうございました♪

 

第26回湘南国際村めぐりの森植樹祭での

木札とご寄付額は、

過去最高額の52,830円となりました!!

びっくりです。ありがとうございました!

 

 

進和学園の売店の売り上げは、

50,550円となりました。

障がい者工賃へ還元されます。

皆さま、ありがとうございました!!

 


■主 催■
協働参加型めぐりの森づくり推進会議 混植・密植 方式植樹 推進グループ
非営利型一般社団法人 Silva(シルワ)

 

■後 援■
環境省関東地方環境事務所

神奈川県
横須賀市
逗子市
葉山町
神奈川県教育委員会
横須賀市教育委員会
逗子市教育委員会
葉山町教育委員会

■協 賛■

東京海上ミレア少額短期保険株式会社

~以下4社 非営利型一般社団法人Si lva(シルワ)を通じて~

公益社団法人国土緑化推進機構(緑の募金を通じて)直接事業

三機工業株式会社

パタゴニア環境助成プログラム 

他1社


■協力団体■

東京海上ミレア少額短期保険株式会社

公益財団法人鎮守の森プロジェクト

三井住友海上火災保険株式会社

株式会社建新

横浜ゴム株式会社 平塚製造所

 

/株式会社サン・ライフ

三機工業株式会社

上記 2社(進和学園いのちの森づくり友の会を通して)/

 

/特定非営利活動法人エコメッセ世田谷・目黒

株式会社コンフォートジャパン

埼玉県立大宮光陵高等学校

Three Tree Project基金

東急建設株式会社

株式会社パーク・コーポレーション

パタゴニア有志一同

葉山ボランティア

不二運輸倉庫株式会社

The Montessori School of Tokyo

宮崎雅大税理士事務所

横浜サンセット21ライオンズクラブ

横浜国立大学

横浜ゴム株式会社 茨城工場

ヨコハマモールド株式会社

Silvaボランティア隊 

左記18団体(非営利型一般社団法人 Silva(シルワ)を通じて)/

  

■運営団体■
 混植・密植方式植樹推進グループ

グループ長:非営利型一般社団法人 Silva(シルワ)
株式会社大川印刷
国際ソロプチミスト横須賀
株式会社研進
特定非営利型活動法人グリーンパワーファクトリー

株式会社サンケイアイ

社会福祉法人敬愛
社会福祉法人湘南の凪えいむ
社会福祉法人進和学園

 

■問い合わせ先

mail:info@silva.or.jp

混植・密植方式植樹推進グループ長 非営利型一般社団法人Silva宛

TEL:045-877-0878

 

  

 

 いつもの恒例の『居残りシルワ組み』

 

植樹祭のテントやステージなど、イベント資材が撤収された閑散とした原っぱ。

やっと昼食が摂れる憩いのひととき。

シルワは、ゴミを極力ださないために、いつもお握りが昼食です。

 

ところが、ご参加の皆さまから、アレコレと差し入れを頂いており感謝❣

分けっこするのもまた、楽しい♪

もっと沢山お話したいけど、片付けが待っています。

 

これから森がドンドン生長して、100年、1000年、5000年と時を重ねた時、

私たちが植樹祭や森づくりで過ごした痕跡は、微塵も残らないでしょうね。

 

でも、安定して植生復元できた時、再生した『森』は、

次の氷河期まで約9,000年、半永久的に存続してくれる沢山の生物の砦となります。

息長い大きな遺産を小さな取組みを積み重ね、後世へ残し続けましょう。

 

 

私たちの足跡が消えても

森は、知っています。

 

 

 

 

 シルワを応援くださる横浜ゴム株式会社茨城工場様ヨコハマモールド(株)様『YOKOHAMA千年の杜プロジェクト』からは、191本と参加賞の園芸種60本をご寄贈いただき、ありがとうございます。こちらは、湘南国際村めぐりの森の補植や学校の森づくり等でも活用させていただきます。 改めまして、御礼申し上げます。

  

【予告】

来春2025年の第27回植樹祭は、11月10日㈰を予定しております

10月1日より、シルワHPで公募を開始いたします。

 


 

 代表理事 川下の熱いメッセージが詰まったポッドキャストを環境活動家の小野りりあん様がプロデュースくださっております。

 

 大変、ご好評いただいております。是非、ご聴講ください。

 

©HAL KUZUYA

シルワは、国連が掲げる持続可能な開発目標SDGsの11ターゲットへ貢献します。

シルワは、環境省が推進する本プロジェクトに賛同します。



シルワは、内閣府が推進する「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」へ参画、神奈川県が推進する「かながわSDGsパートナー」登録しています。

在るものを活かす、シルワの最初の森づくり実験地 Before2016.12

 After2022.5.28