教育機関との森林教育や学校保全林の推進事例

当法人は、設立当初より、次世代育成を最重要課題として、取り組んで参りました。

どんな崇高な取り組みも継続なくして、存続はありません。

また、若い世代へ実働を伴う、智恵や経験を伝承しなければ、文化は継承されません。

そうした課題を具体的に解決する為、当法人では、教育機関との連携や独自の育成プログラム

また、一般の方の体験受け入れを通年実践しております。

ここでは、そうした一部の事例を紹介させていただきます。


葉山小学校『葉っぴいの森』

2021年2月5年生.森の講座

 


2022年2月5年生.森の講座

2020年1月5年生.森の講座



         植樹用のマウンド施工前      →        マウンド施工後


その他、連携事例



神奈川県の次世代育成への広報協力


Silvaの森林再生事業を2017年秋から継続支援下さるスポンサー

 

公益社団法人 国土緑化推進機構 緑の募金より 次世代育成事業と災害に強いめぐりの森づくりへ助成決定!

 

 令和4年度の緑の募金中央事業(公募事業)については、下記の内容で、全国の森林ボランティア団体が行う国内外での森林づくり事業を支援していきます。令和4年度の実施事業については、「これまでの緑の募金事業実施状況」の令和4年をご覧ください。(同社HP掲載より抜粋)


シルワは、国連が掲げる持続可能な開発目標SDGsの11ターゲットへ貢献します。

シルワは、環境省が推進する本プロジェクトに賛同します。



シルワは、内閣府が推進する「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」へ参画、神奈川県が推進する「かながわSDGsパートナー」登録しています。

在るものを活かす、シルワの最初の森づくり実験地 Before2016.12

 After2022.5.28